コンサート会場

いずみシンフォニエッタ大阪

いずみシンフォニエッタ大阪

いずみシンフォニエッタ大阪は、大阪ビジネスパーク内に建設されたいずみホールのレジデント・オーケストラ(そのホールに固着して活動するオーケストラ)で、2000年に設立と、関西でもわりと新株のオーケストラです。 近・現代音楽の演奏を主としていて、新進気鋭の作曲家の作品や、近年注目の作品などを積極的に演奏のレパートリーに加えるほか、古典作品の演奏も織り交ぜ、大阪での音楽の発展の一端を担っています

more

サイト紹介

合奏団

古代から、ヨーロッパを中心に多くの人々の音楽文化の中心にあったクラシック音楽。

近代以降は、ギターやキーボード、電子楽器などの普及にともなって、一般に視聴する層は減りつつありますが、クラシック音楽の演奏者は今でもたくさん輩出・活躍しています。

日本では、小澤征爾、フジ子・ヘミング、秋山和慶、佐渡裕などの有名な指揮者や演奏家の活躍が見られ、テレビ出演やベストセラーになったCDの発売、国内外のオーケストラとの共演などにより、クラシック音楽をより身近なものにできるようにとの試みも多く行われています。

2006年には、漫画原作のドラマ「のだめカンタービレ」の放送や、サウンドトラックの発売などにより、一時期クラシック音楽ブームも巻き起こりました。
「のだめカンタービレ」は、音大生のピアニストと指揮者志望の学生二人を中心に、多くのクラシック音楽が取り上げられる作品です。
3期にわたるアニメ化や、前編・後編に分かれた映画化など、2006年から2010年にわたってメディア化された話題作です。

この「のだめカンタービレ」のように、敷居の高い、格式高くて分かりづらいと思われがちなクラシック音楽も、一度触れてみると、はまってしまう人もたくさんいるのです。

クラシック音楽は、CDやテレビの演奏を聴くのもいいですが、演奏会などで直接見て、聴いてみるのが一番です。

関西にもオーケストラはたくさんあって、それぞれの地域や国内外で活躍しています。
クラシック音楽と直接触れ合う機会に、積極的に参加してみましょう。
音楽はもちろん他にも 関西には美術を楽しめるスポットが沢山あります。休日は美術館巡りやミュージアムショップに行きましょう!

オーケストラの楽しみ方

オーケストラには、さまざまな楽しみ方があります。

直接オーケストラの演奏を聴いたことがない人や、演奏会に行ったことがない人にとっては、オーケストラの演奏会でのマナーなどを知っておくことも、円滑に楽しむための土台になります。
あらかじめ、基本的なことだけでも確認しておきましょう。

演奏中の私語厳禁などは、誰でもわかる暗黙の了解かと思いますが、演奏中は立ち上がったりホールを入退出することもタブーで、他のお客さんの迷惑になってしまうので、余裕を持って入場しておきましょう。

また、開場から開演までの時間は30分から1時間ほどが基本的ですが、開演直前に行くよりも、20分もしくは15分ほど前にホールに入ることをおすすめします。
多くの演奏会では、開演前にその日の演奏プログラムの解説や演奏者のお話など、プレトークを行っています。

観客を歓迎するために、トークだけでなくプレコンサートを行う場合もあるので、演奏会を存分に楽しむためには見逃せません。

いくつかの演奏会に足を運ぶようになったら、音響や座席に注目してみるといいかもしれません。
ホールによって音の響き方などに特徴があり、座る場所によっても音の聞こえ方などは変わってきます。

クラシック音楽の知識が豊富だという人意外は、演奏プログラムを読み込んだり、あらかじめ動画サイトやCDで聴いておくこともおすすめです。

京都・バッハ・ゾリステン

京都・バッハ・ゾリステン

京都・バッハ・ゾリステンは、J.S.バッハ(ヨハン・セバスチャン・バッハ)の曲を主に演奏する京都のプロオーケストラで、J.S.バッハ以外のバロック音楽の演奏にも力を入れています。 大バッハとも呼ばれるJ.S.バッハは、「マタイ受難曲」「幻想とフーガト短調」「イタリア組曲」など、多くの名作を残している作曲家。 18世紀のドイツで活躍していた、バロック音楽の中心人物です。

more

神戸市室内合奏団

神戸市室内合奏団

神戸市室内合奏団は、1981年に日本で初めて発足した地方自治体運営の弦楽合奏団体です。 地方自治体運営といっても、所属している演奏家はみなプロで、演奏技術の高さや、演奏会や公演でのクオリティに対する評価は高く、弦楽曲にこだわらない多岐にわたる活動を行っています。 毎月のように演奏を行い、神戸市混声合唱団との共同演奏会や、管楽器の構成を加えての管弦楽曲の演奏など、定期演奏会以外の活動も頻繁

more

奈良フィルハーモニー管弦楽団

奈良フィルハーモニー管弦楽団

1985年、プロオーケストラ団体のなかった奈良県で、奈良にもプロオーケストラをつくろうという思いのもと、音楽家たちが集まり結成されたプロオーケストラです。 定期演奏会や公演以外に、地域の音楽・文化イベントの参加や、サロンコンサートなど、奈良県文化会館を活動の中心として、1年間で15から20もの演奏を行っています。

more

兵庫芸術文化センター管弦楽団

兵庫芸術文化センター管弦楽団

関西には、数々のオーケストラが存在していますが、その中でも特に関西に住む人にとって深い思い入れを持つことが出来るのが「兵庫芸術文化センター管弦楽団」でしょう。 この兵庫芸術文化センター管弦楽団は、1995年に起きた阪神淡路大震災から10年後の2005年に復興のシンボルとして生まれた「兵庫県立芸術文化センター」専属のオーケストラとして結成されたのです。

more

大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団

大阪フィルハーモニー交響楽団は、日本を代表するオーケストラの一つです。 テレビや雑誌、ポスターなどでその名前を見たり聞いたりしたことがあると思います。 本拠地は大阪市西成区岸里で、専用の練習場所となっている大阪フィルハーモニー会館、通称「大フィル」もこの場所にあります。

more