奈良フィルハーモニー管弦楽団 | クラシック関西 奈良フィルハーモニー管弦楽団|クラシック関西

奈良フィルハーモニー管弦楽団

奈良フィルハーモニー管弦楽団

1985年、プロオーケストラ団体のなかった奈良県で、奈良にもプロオーケストラをつくろうという思いのもと、音楽家たちが集まり結成されたプロオーケストラです。

定期演奏会や公演以外に、地域の音楽・文化イベントの参加や、サロンコンサートなど、奈良県文化会館を活動の中心として、1年間で15から20もの演奏を行っています。

日本全国にある地域ごとのプロオーケストラの中でも、とくに地域に密着し、地域活性化に力を入れているオーケストラで、こども向けの演奏会や交流も行い、奈良に音楽文化を根付かせ、育てることに貢献しています。

1300年前から古都としてあった奈良の街を、ろうそくの灯りで照らし出す夏のイベント「なら燈花会」では、2006年から「なら燈花会プロムナードコンサート」を開催し、毎年さまざまな国内外の一流演奏家と共演し、奈良の街の活性化を応援しています。

年に2回の定期演奏会は、毎回指揮者やゲストを変え、曲目や傾向もがらっと変わった演奏・演出を視聴できます。